Home > 道東の温泉 > 雌阿寒温泉

雌阿寒温泉

このページについて

北海道の温泉情報や観光ガイドなど等。メインは、北海道の日帰り温泉の感想ですが、旅館や温泉宿の情報もピックアップして書いています。北海道旅行で参考にどうぞ。

行き先は、自然に囲まれた眺めのいい露天や、鄙びた風情の温泉などが多いです。(はじめてご訪問の方へ

このブログはリンクフリーです。コメントもお気軽に。

BlogPeople Link

雌阿寒温泉 野中温泉別館

野中温泉露天
 野中温泉は、1914年開業の古い温泉で北海道足寄郡足寄町にあります。
 場所的には阿寒に近いところです。

 十勝方面から行くと足寄のバスターミナル(旧足寄駅)を、更に阿寒に向けて走ると途中看板があり、右折。足寄から42kmくらい、舗装路なので、車で楽に行けます。

 建物に近づくと硫黄の香りがして、温泉気分も盛り上がります。
 源泉温度42℃、泉質は含食塩-石膏硫化水素泉で、源泉かけ流し。

野中温泉フロント
 建物内は外観から想像したよりも、かなり綺麗で清潔感もありました。

 内湯1つ、露天1つという素朴な造りの温泉ですが、これから紅葉のシーズンになり眺めは最高です。

 浴場について
 ・男女共、内湯1つ、露天風呂一つ。
 ・源泉をそのままかけ流し。
 ・カランやシャワー、シャンプー・石鹸などはないです。
 ・洗い桶と椅子はあります。
 ・内湯は総トドマツ造りとのことで、釘を使わず組んでいます。木の湯船はとても気持ちよいです。

野中温泉内湯

 カランがないのは、成分が濃くすぐ腐食するためとの事。
 とても温まる温泉です。硫黄成分はかなり多いらしく、帰り道の車の中では、しばらく硫黄の香りが漂っていました。

 露天風呂について
 ・女湯には屋根がある石造り。男湯は屋根なし。
 ・自然いっぱいの素朴な温泉で、のんびり湯を楽しめます。
 ・内湯から露天風呂までの移動に、女性は注意。

野中温泉鏡台
 露天風呂に行くまでの数メートルが男湯から見えます。
 ここは、男性は入り口の方を見ないのがマナーですね。

 一番上の写真が女湯露天風呂ですが、すぐ右に男湯露天があります。(女性内風呂の窓の向こうが男性露天風呂です。)露天風呂に行く途中に仕切りらしき物もありますが、全然意味がないです。
 移動の時のみタオル・バスタオルで隠して移動するのが、いいのかもしれません。

 露天風呂まで行けば男湯から見えないので、ゆっくり入れます。
 ほかの人を見ていると、タオルで出来るだけ隠しながら、瞬時に移動が基本スタイルのようでした。

野中温泉宿外観 露天風呂は、42℃の源泉をそのまま入れているため、冬場はぬる湯になるとの事。

 脱衣所は、木製の鏡台が一つ置かれていました。ドライヤーや洗面台はないです。(鏡台にコンセントはありましたが、使えるのかな?)ロッカーなどはないので、貴重品はフロントに預けるか自己管理となります。

 休憩所について
 ・座敷が無料開放されています。

 宿泊では季節ごとの山菜料理などがでて、結構美味しいらしい。
 2007.9月

 露天風呂眺め度 ■■■■■
 湯のよさ度 ■■■■■
 自然満喫度 ■■■■■

 【ホームページ
 【源泉かけ流し】【休憩室有】【お風呂セット必要】
 日帰り入浴:大人350円、小学生200円、2歳以上100円(9:00~21:00、年中無休)
 宿泊:6,975円~(朝夕食付)
 連絡先:北海道足寄郡足寄町茂足寄159 TEL:01562-9-7321

拡大地図を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ
【PR】


やっぱり行きたい動物園、旭山動物園日帰りバスツアー
日帰りで楽しむ☆北海道トラピックスで日帰り温泉付ツアーを探してみよう
【PR】

JTBオススメの宿を、北海道地図で簡単予約。 【JTB】北海道のおすすめ旅館・ホテル
【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

Index of all entries

Home > 道東の温泉 > 雌阿寒温泉

検索
【PR】

▼▼モノ・宿 検索用▼▼






Tag Cloud
Links
Counter
Feeds
サツぽろ、ニッキ

Return to page top