Home > 道東の温泉 > 糠平温泉

糠平温泉

このページについて

北海道の温泉情報や観光ガイドなど等。メインは、北海道の日帰り温泉の感想ですが、旅館や温泉宿の情報もピックアップして書いています。北海道旅行で参考にどうぞ。

行き先は、自然に囲まれた眺めのいい露天や、鄙びた風情の温泉などが多いです。(はじめてご訪問の方へ

このブログはリンクフリーです。コメントもお気軽に。

BlogPeople Link

糠平温泉 中村屋

糠平温泉中村屋
 仕事が忙しかったため、しばらく更新お休みしていました。
 久々の更新ですが、よろしくおねがいします。

 何年かぶりに糠平温泉の中村屋に行って来ました。

 浴場を改築したとのことで、気にはなっていたのですが、内風呂も様変わりしていて、とても驚きました。

糠平温泉中村屋
 内風呂は、シンプルなタイルばりの浴場が、木造に様変わり。

 内風呂について
 ・木造に改装。(作り直したようですね。)
 ・湯船は黒い石が敷きつめられ、淵は木製。
 ・カランも温度調節がしやすいシャワー付きの物に。
 ・湯船の天井が高い。
 ・洗い場は7席くらい。
 ・シャンプーなどは、炭の成分入りのちょっとこだわりな物が置かれていた。

糠平温泉中村屋
 全体に天井が高く、特に湯船の天井が更に高い造り。
 湯船にボーッと浸かって、天井の梁を見ていると思いのほかリラックスできました。写真では見えませんが、中央の柱の後ろ側から、かけ流しの湯が注がれています。

 内湯の脱衣所もよい雰囲気で、ドライヤーなどのほか、化粧水が2種類置いてありました。
糠平温泉中村屋 洗面台は一つですが、ちゃんとお洒落な物を使っていて、おおっと思いました。
 貴重品のロッカーあり。

 露天風呂(星の里)について
 ・縁が木製になり、脱衣所も一新。
 ・眺めなどは変わらずよいです。
 ・混浴。(PM8:30~10:00は女性専用)

糠平温泉中村屋

 露天風呂の眺めは同じですが、照明など追加されたようなので、夜は更にいい雰囲気になったのかも。(今回は残念ながら鹿には遭遇できませんでした。)

 露天の脱衣所について
 ・元は反対方向にあった男女の脱衣所が、すぐ近くになりました。
 ・渡り廊下ができていた。
 ・床暖房あり。

糠平温泉中村屋
 改装するまでは野外だったので、脱衣所までがちょと寒かったです。しかも、脱衣所は床暖房(宿のサイトに書かれてました)嬉しいですね。
 渡り廊下はスロープではなく階段ですが、段差は緩いです。

 改築で、男性が脱衣所に入ってきたら物音で判るようになり、混浴が苦手な人でも入りやすくなった気がします。

 柵の横にある手すりにバスタオルを掛けておく事もできるかな。
 サウナ(星の雫)は工事中でした。忘れた頃に完成するらしいです。

 露天風呂眺め度 ■■■■■
 湯のよさ度 ■■■■■
 食事の美味しさ度 ■■■■■

糠平温泉中村屋
 宿泊時の情報や、外湯めぐり、ペット連れ宿泊ついては、【前回の中村屋の記事】をご覧ください。

 【ホームページ
 【源泉かけ流し】【サウナ有(ただ今工事中)】【食事処有】【ペット可(要事前連絡)】
 日帰り入浴:大人500円、小学生300円、幼児200円(7:30~21:00)、不定休
 宿泊:9,075円~(朝夕食付。価格は部屋により違います)

ペットと一緒に泊まれる宿を予約「楽天トラベル」

糠平温泉 中村屋

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ
【PR】


やっぱり行きたい動物園、旭山動物園日帰りバスツアー
日帰りで楽しむ☆北海道トラピックスで日帰り温泉付ツアーを探してみよう

ぬかびら温泉湯めぐり手形

ぬかびら温泉湯めぐり手形ぬかびら温泉湯めぐり手形
 部屋を整理していたら「ぬかびら温泉湯めぐり手形」がでてきました。

 この湯めぐり手形は、糠平温泉の3箇所分の日帰り入浴が楽しめます。

 この湯めぐり企画は、数年前からやっていて、私が持っているのは数年前の手形ですが、たぶん今も同じです。

 表のぬかびら温泉のキャラクター「ぬかぴー」の焼印がかわいい。

 参加しているのは、
 ・元祖湯元館
 ・糠平館観光ホテル
 ・糠平温泉ホテル
 ・富士見観光ホテル中村屋
 ・温泉民宿山湖荘
 ・東大雪糠平ユースホテル
 ・ペンション森のふくろう
 ・プライマルステージ
 ・ホロカ温泉旅館
 ・幌加温泉湯元鹿の谷

 糠平温泉郷と、幌加温泉で利用できます。

 入浴すると、温泉マークのシールにかかるように、シールを剥がして宿のスタンプを押してくれます。
 押されているのは、元祖湯元館のスタンプ。

 湯めぐり手形は、1枚1,200円。【詳しくはこちらから


 ぬかびら温泉では、宿泊すると他の宿の湯に入れる外湯めぐりもあります。(詳しくは【中村屋の記事をどうぞ】)

 また、宿泊客には連泊すると、【他の宿の夕食が楽しめる、味めぐりもあります】。

 これからの季節になると、とても紅葉が綺麗になります。層雲郷等もよいですが、かけ流しのよい温泉がそろっている、ぬかびら温泉の方が、秋に泊まりたい温泉宿だと思います。

 お問い合わせは、糠平温泉(ぬかびら温泉)旅館組合まで
 【ぬかびら温泉旅館組合

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

ぬかびら温泉の源泉かけ流し宣言

 平成19年6月1日に北海道庁にて「ぬかびら温泉郷 旅館組合」の「源泉かけ流し宣言」が行われました。

 「源泉かけ流し宣言」とは、糠平温泉にある旅館の浴槽でORP分析・調査が行われ、源泉かけ流しと確認されると、宣言が成されます。

 記事については、らくださんの温泉ニュースBlogにも書かれていますが、私の方は内容について書くことにします。

 7項目の内容で、全部書くと長いのですが、簡単にした内容は以下のとおり。

 1.源泉からそのまま良質な状態で湯が注がれている
 2.レジオネラ菌など発見されず、安全性を確認した
 3.全旅館で衛生管理に努める
 4.自然から授かった温泉をお客様のものと認識する
 5.いっそうの鮮度の高い温泉をお客様に提供するため研究・努力する
 6.自然環境を守り「森の温泉街作り」事業を推進する
 7.未来永劫「源泉かけ流し」であり続け、正しい情報の開示をする事を誓う

 元祖湯元館 糠平温泉ホテル 糠平舘観光ホテル ペンション森のふくろう 中村屋 プライマルステージ 温泉民宿山湖荘 民宿グリーン糠平 東大雪ぬかびらユースホステル 湖水荘

 原文については、糠平温泉中村屋のホームページで確認できます。

 ・ぬかびら温泉の関連記事はこちらにまとめています

 【ぬかびら温泉郷 旅館組合

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

糠平温泉 中村屋

 改装等も進み情報が古くなりました。2007年記載の【新しい記事】をご覧ください。

 糠平温泉にある温泉宿です。

 元は富士見観光ホテル中村屋という名前でした。今は糠平温泉 中村屋という名前に変更したようです。久々に見たら、公式サイトも様変わりしています。

 泉質は、弱塩泉アルカリ性ナトリウム泉。
 糠平温泉の源泉かけ流し宣言の通り、源泉かけ流しの湯が楽しめます。

 湯殿について
 ・男女内湯1つ・混浴露天風呂1つ。サウナ有り。
 ・内湯は22:00に男女入れ替えになります。
 ・洗い場3~4席。(2003年宿泊時、今は変わっているかな。)

 露天風呂について
 ・脱衣所は別々ですが、混浴です。
 ・PM8:30~10:00までは女性専用になります。
 ・時期によりエゾシカを見かけることも。

 囲いなどなく開放感ある露天風呂で、とてもいい雰囲気。エゾシカも時々きます。
 山の中の露天風呂はこうありたいです。

 露天風呂には手作りサウナもあり、気持ちよいです。
 施設はオーナー達の手作りで改修しているのだとか。部屋についても手作り感あるレトロな雰囲気を出しています。

 内風呂は2006年、露天風呂は2007年6月17日に改修したとの事で、私は改修前しか知りませんが、公式サイトを見る限り、更によくなっているよう。

 脱衣所も写真を見ると、手作りながら綺麗にリニューアルされています。

 宿泊のとき、夕食の甜菜や山菜づくしのてんぷらが美味しかったです。ここでしか食べられない、こういうメニューは道外の人とかも喜びそうです。

 宿泊について
 ・ペット連れで宿泊可能
 ・予約の際に連絡が必要

 他に面白いのは
 ・毎朝、客室に牛乳が届けられる。
 ・宿泊者は他の4つの宿で無料入浴できる、外湯めぐりがある。

 外湯めぐりの宿は、糠平温泉ホテル、ペンション森のふくろう、温泉民宿山湖荘、ひがし大雪ぬかびらユースホステルの4つ。他の湯も堪能できてお得ですね。

 牛乳の配達は私の行ったときはしていなかったけど、ビン牛乳が届くというのは、ほのぼのとしてよいかも。

 露天風呂眺め度 ■■■■■
 湯のよさ度 ■■■■■
 食事の美味しさ度 ■■■■■

 中村屋の写真はカメラ持っていかなかったのでありません。
 また今度行ったときに撮ってきます。
 写真は【新しい記事】をご覧ください。

 2003年記載

 【ホームページ
 【源泉かけ流し】【サウナ有】【食事処有】
 日帰り入浴:大人500円、小学生300円、幼児200円(7:30~21:00)
 宿泊:9,000円~(朝夕食付。価格は部屋により違います)

糠平温泉 中村屋

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

糠平温泉 湯元館 足湯

糠平温泉 湯元館
 糠平温泉湯元館の足湯。
 湯元館の建物の左側にあります。

 丸太をきった素朴な感じの椅子が数個置かれていて、一番しっくりくる椅子に座ってのんびりつかりました。足湯の底には石が埋められていて、そこに足をグリグリのせると気持ちよかったです。(右上の写真で見えるでしょうか?)

 子供の遊び道具(砂場セット?)みたいなのも置いてありました。
 近くの子が遊んでいるいるのかも。

 ここも湯元館と同じ源泉かけ流しで、泉質も同じナトリウム塩化物炭酸水素塩泉。

 2005年の5月に行ったときは湯がはってなかったので、冬季はやっていないのかもしれません。

 宿については湯元館の記事をご覧ください。(2006年9月)

 【源泉かけ流し】
 日帰り入浴:無料(夏季のみ)

 左の2つは足湯。そして湯元館外観。外観の看板の奥に足湯があります。
糠平温泉 湯元館糠平温泉 湯元館糠平温泉 湯元館

糠平温泉 湯元館

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

糠平温泉 湯元館

糠平温泉 湯元館
 糠平で一番昔からやっていた温泉との事。
 大正13年4月から開業の温泉で、泉質はナトリウム塩化物炭酸水素塩泉。

 女湯には女性専用露天風呂があります。男性側の露天は混浴。進入して確かめたところ、奥には打たせ湯もありました。(男湯のものなのかな。)昨年あたり、足湯が出来たらしいのだけど、まだ確かめてないのです。ログコーテージにも一回泊まってみたいなー。(2003年)

 女性専用の露天風呂の写真です。右上の川音が聞こえ、よい湯でした。足湯は日陰では雪が残る5月初旬では、まだ湯がなかったです。(2005年5月)

 湯元館には足湯については、別記事にしたのでそちらをご覧ください。

 前はざっとした感想だったので、改めて詳しく書きます。

 ・内湯男女各2つ、女性専用露天風呂、混浴露天風呂があります。
 ・洗い場は2~3つくらい。男性内湯はもっとあるかも。
 ・女性露天風呂は、林の中で小川のせせらぎが聞こえて気持ちいい。
 ・混浴露天風呂は、小川が間近に見えて眺めは更によいです。奥に行くと打たせ湯もあります。

 宿泊について
 土曜以外は素泊まりのみで、夕食は季節により山菜や川魚など料理が食べられるそう。
 上に書いたログコーテージには、貸切の内湯と露天風呂が付いています。こちらは素泊まりのみですが、6人まで泊まれるそうです。

 公式ページをみたら、宿泊とは別にライダーハウス「ライダーハウス湯元館」もあるとのこと。6月~9月の夏季のみ営業で一泊 1.500円(素泊まりのみ)。女性専用部屋もあるから女性ライダーさんにもよいですね。

 昼には日によって、手打ち蕎麦が食べられるみたい。

 私が前に行ったときは、隣にある「どんぐり」というラーメン屋で食事しました。塩ラーメンを食べましたが、季節の物を使った特製ラーメンもあり、さっぱりしてとても美味しかったです。(2006年9月)

 露天風呂眺め度 ■■■■□
 リーズナブル度 ■■■■■
 湯のよさ度 ■■■■■

 【ホームページ
 【源泉かけ流し】【混浴】【露天風呂付客室(コテージ)】
 日帰り入浴:400円 (10:00~20:00)年中無休
 宿泊:素泊まり3,800円、夕朝食付8,000円(土曜以外は素泊まりのみの受付)、ログコテージは人数により上下します。
 ライダーハウス:素泊まりのみ1.500円(6月~9月)

 写真は宿の外観。
糠平温泉 湯元館

糠平温泉 湯元館

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ
【PR】

JTBオススメの宿を、北海道地図で簡単予約。 【JTB】北海道のおすすめ旅館・ホテル
【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

Index of all entries

Home > 道東の温泉 > 糠平温泉

検索
【PR】

▼▼モノ・宿 検索用▼▼






Tag Cloud
Links
Counter
Feeds
サツぽろ、ニッキ

Return to page top