Home > 雑談 > 北海道観光

北海道観光

このページについて

北海道の温泉情報や観光ガイドなど等。メインは、北海道の日帰り温泉の感想ですが、旅館や温泉宿の情報もピックアップして書いています。北海道旅行で参考にどうぞ。

行き先は、自然に囲まれた眺めのいい露天や、鄙びた風情の温泉などが多いです。(はじめてご訪問の方へ

このブログはリンクフリーです。コメントもお気軽に。

BlogPeople Link

小樽 潮まつり

潮まつり
 小樽の潮まつりは毎年7月下旬に行われる、おたるの大きなお祭りです。
 7月に初めて行ったのですが、とても楽しかったです。

 祭りは3日連続で行われ、

・1日目は、祭りの始まりをふれまわる「潮ふれこみ」
・2日目は、潮音頭の曲にあわせて練り歩く「潮ねりこみ」
・3日目は、神輿を港まで運ぶ「みこしパレード」と「花火大会」

の日程となります。今年も金・土・日曜日に行われました。

潮まつり

 私が行った日は神輿パレードの日でした。
 港にある中央ステージまで、様々な神輿を担いで行くのですが、ジグザグに来るので、迫力もあり楽しそうでした。写真は神輿パレードの様子です。

 祭りの屋台は90店くらいと、かなり沢山でています。
 定番の金魚すくいや綿飴の屋台のほか、なつかしの型抜きやスマートボールなども見つけてしまい、ちょっと懐かしい気分になったりしました。


潮まつり
 地元出店のビアガーデンでは、小樽の地ビールが飲めるところもあります。写真は3・4種類の小樽地ビールのなか、(名前は忘れましたが)比較的さっぱり系の地ビールです。

 メインステージに近い屋台の一つでは焼きウニ(価格1000円)が売られていて、写真を撮っていたら、早速買っていく人を見つけて(おおっ!)と更に驚きました。美味しそうで、少し羨ましかったです。

潮まつり
 昼間は、上に書いた神輿のほか、ヨサコイチームの踊りや、ヒーローショーやら、普通のお祭りイベントがあります。


 最終日の大花火大会は、打ち上げ花火、水中スターマインなど2500発の花火が打ち上げられます。観覧船で花火大会を見ることもできるのだとか。(乗船料は一人2000円。)

 当日は花火を観ず会場を後にしましたが、海に映る花火は毎年とても綺麗で、沢山の人が観に行くイベントです。

 花火大会終了後は、札幌行きのバスが増便ででるので、行き帰りはバスでも楽しめると思います。

2008.7月記

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ
【PR】


やっぱり行きたい動物園、旭山動物園日帰りバスツアー
日帰りで楽しむ☆北海道トラピックスで日帰り温泉付ツアーを探してみよう

幌加内 新そば祭り

幌加内新そば祭り
 9月1日に幌加内町新そばまつりに行ってきました。

 この前のニュースでは、幌加内町の外れにある朱鞠内が全国一安い土地として紹介されていましたが、その幌加内町の役場近くで毎年9月初めに開催されるイベントです。

 幌加内町新そば祭りは、蕎麦の作付け面積が日本一という事から開催され今年で14回目、2千人程しかいない町に、4万人もの人が来ます。

 全国のそばが色々食べ比べられるのが楽しいです。

幌加内そばうたん会のそば
 開始は9時からですが、私たちは10時頃に着くように出発。
 12時がピークで、各そば屋には行列ができるので、毎年12時前には一通り食べ終わるようにしています。

 沢山の店があるので迷いますが、同行者と別々な店で1皿づつ買い、シェアして食べ比べ。
 合計3皿分6店の蕎麦を食べました。

 全国そば食べ比べのブースですが、道内では札幌の同好会や、釧路、蕎麦打ちの名人などの店が出ています。
 一食は店により、500円~700円くらい。

くしろ白鶴そば
 店により、新そばには新品種「ほろみのり」が使われていました。

 海老天が載っている蕎麦は、地元のそば愛好会の幌加内そばうたん会のもの。元気に声を掛けてくれるのと、天ぷらや天かすのトッピングがいいです。

 幌加内高校はかけ蕎麦のみのメニューですが、結構美味しいです。(この高校では、生徒が全員そば打ちの段位を取るのだとか。だから美味しいのかな?)高校生がテキパキ作業しているのも見ていてなんかよいです。

 くしろ白鶴そばは、写真にある更科の白い蕎麦でした。

そばビール店
 今年の参加店は下記のとおり

 幌加内そばうたん会
 幌加内町内そば屋 北最寒
 幌加内町内そば屋 白樺
 幌加内高校
 札幌市 き凛
 JAきたそらち
 福島県山都町
 福井県武生市
 静岡県清水町 次郎長そば
 北海道そば研究会
 茨城県そばの会
 くしろ白鶴そば 更科の白い蕎麦
 広島県雪花山坊 達磨
 
 蕎麦以外にもタコス、クレープ、揚げかま、ソーセージ、焼き団子、カキ氷、ソフトクリームなどの屋台もあり、蕎麦が食べられない家族がいても、それなりに楽しめるのが、よいところだと思います。

そばビール
 他には移動式のブースで蕎麦ビールを売っています。
 味はちょっと蕎麦のクセ出ていて面白い味です。

 土産物屋やそばの脱穀・電動石臼などの販売ブースもあります。

 駐車場も混むのと、昼時には蕎麦を食べる行列ができるので、12時頃を避けるのがいいと思います。

 道内各地では、この時期に、新そば祭り・収穫祭・豊漁祭り行われ、イベントも多いです。今年は暖かいですから色々なイベントに行きたくなります。

 2007年第14回 幌加内町新そば祭り
 幌加内町役場前周辺
 9:00~15:00

そばビール移動ブース

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

北海道旅行のドライブについて

 これから紅葉の季節になり、北海道旅行の方も多いですから、基本的な道内旅行の情報について書きます。

 北海道旅行に行く際、結構多い失敗が距離感の違いです。
 レンタカーを借りてのドライブでは、移動時間が思ったよりかかります。

 質問サイトなどを見ていると、千歳発着の2泊3日であれもこれもという人がいて、確かに北海道の距離感は伝わりづらいのかもしれません。

 北海道と関東方面の地図を重ねたものを作ってみました。
 距離感が判るでしょうか。

 車やバイクで移動するときは、「北の道ナビ」が便利です。ルートなど割り出してくれ、交差点での右左折など詳しく載っています。

 以下は北の道ナビで出した所要時間と距離です。
 
 札幌→千歳  高速43分/40km    一般道1時間12分/39km
 札幌→小樽  高速47分/39km    一般道1時間11分/39km
 札幌→旭川  高速1時間49分/140km 一般道3時間10分/130km
 札幌→帯広  高速3時間49分/217km 一般道4時間25分/208km
 札幌→函館  高速3時間50分/267km 一般道4時間46分/253km
 旭川→千歳  高速1時間58分/169km 一般道3時間36分/151km
 旭川→富良野 一般道1時間25分/58km

 この他に、札幌の中心部(中央区)から、郊外へ出る際は1時間程かかります。高速のICは中心部から離れているので、その時間も考えないと難しいでしょう。

 移動時間を削るなら、札幌の市街地を避けて行くのがよいです。

 また、最近有名な旭山動物園について。

 旭川市の端にあり、閉演時間になると市街地に向け渋滞が発生します。
 時間の余裕のない場合、閉演時間より早めに出るのがよいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ
【PR】

JTBオススメの宿を、北海道地図で簡単予約。 【JTB】北海道のおすすめ旅館・ホテル
【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

Index of all entries

Home > 雑談 > 北海道観光

検索
【PR】

▼▼モノ・宿 検索用▼▼






Tag Cloud
Links
Counter
Feeds
サツぽろ、ニッキ

Return to page top