Home > 温泉よもや話 > 温泉の本

温泉の本

このページについて

北海道の温泉情報や観光ガイドなど等。メインは、北海道の日帰り温泉の感想ですが、旅館や温泉宿の情報もピックアップして書いています。北海道旅行で参考にどうぞ。

行き先は、自然に囲まれた眺めのいい露天や、鄙びた風情の温泉などが多いです。(はじめてご訪問の方へ

このブログはリンクフリーです。コメントもお気軽に。

BlogPeople Link

温泉の本「北海道の温泉 源泉・かけ流しの湯」

 温泉に行くときに結構重宝しているのが、「北海道の温泉 源泉・かけ流しの湯」著:木多政史 です。

 北海道の源泉度が高い温泉が1・2ページづつ紹介されているという、シンプルな内容。
 インデックスは地区別に分かれていて、巻末では施設名でも検索できるので、何かと便利ですよ。

 そして、大切なことはちゃんとかかれていて、使いやすい。

 ・基本の入浴料、休館日、開館時間がかかれている。
 ・石鹸、シャンプー、ドライヤーの有無がアイコンで書かれているから、温泉セットなどの準備もできます。
 ・休憩所があるかないかなど。

 源泉・かけ流しの湯とかかれているだけあって、かけ流しの情報に関する以下の内容

・湯の湧出量
・加温と加水の有無
・浴槽の清掃頻度などについて←重要だと思う。

 も書かれている親切設計です。

 源泉かけ流しの施設だけでなく、源泉度が高い温泉も載っています。
 

北海道の温泉 源泉・かけ流しの湯
本多 政史
亜璃西社 (2005/07)
売り上げランキング: 487852
おすすめ度の平均: 5.0
5 ドライブの参考書

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ
【PR】


やっぱり行きたい動物園、旭山動物園日帰りバスツアー
日帰りで楽しむ☆北海道トラピックスで日帰り温泉付ツアーを探してみよう

温泉の本「いい旅研究室9」

 先月末にやっと、「いい旅研究室9」を買いました。リニューアルという事で、大きさ(幅)も広くなってページも開き易いすし、良いです。
 「いい旅研究室」は、北海道のかけ流し温泉が判って、文章もちょっと面白い。私も最初はこの本を頼りに色々な温泉に行ったので、せひお勧め。

 9の内容はというと…いい旅巷談のコーナーでは、山田温泉の情報が。昨年の夏に入りに行ったときに更衣室と湯殿の上半分が新しくなっていたので、バリアフリーのため一部改装したのかな?と勝手に思っていたのだけど、雪の重みで倒壊したのだそう。山田温泉は冬季休業するので、雪がわんさか積もっても、判らなかったのかな。

 「北海道の正しい温泉」コーナーは今回が最終回。お馴染みの「銀婚湯」から始まって、行きたいけど、まだ行っていない足寄の「野中温泉」も載っています。最近、こじんまりした温泉に行ってないし、十勝の温泉は音更の「鳳の舞」ばかりなので、今度はぜひ行きたいですねー。

 「ヒミツのオミセ」コーナーは住所は載せないけど、おすすめやいきつけの店を紹介するというもの。最近(ここ1週間程は)居酒屋で飲んでないので、つい行きたくなりました。

 「正直すぎる奥尻島ガイド」のページも面白かった。
 ほかの記事については、これから少しづつ読む予定です。

 「いい旅研究室9」はアマゾンでも買えるので、どうぞ↓

北海道いい旅研究室 (第9号)
by 舘浦 海豹
海豹舎 (2006/12)

単行本
定価:¥ 630
価格:¥ 630
売り上げランキング: 95823位
通常2\x{ff5e}3日以内に発送

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ
【PR】

JTBオススメの宿を、北海道地図で簡単予約。 【JTB】北海道のおすすめ旅館・ホテル
【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

Index of all entries

Home > 温泉よもや話 > 温泉の本

検索
【PR】

▼▼モノ・宿 検索用▼▼






Tag Cloud
Links
Counter
Feeds
サツぽろ、ニッキ

Return to page top