Home > 温泉よもや話 > かけ流しなどの言葉について

かけ流しなどの言葉について

 よく温泉のパンフレットで見かける 「源泉をそのままかけ流している」という文章、その意味がよく判っていないという人もいるのかなと思って、私の知っている範囲で用語について書いておきたいと思います。

源泉かけ流し
・湧き出した源泉を、出来るだけ近い場所で、湯船に入れ、そのまま湯船から流れ出るまま。

 これがたぶん一番厳密(?)な、「源泉かけ流し」だと思います。

循環ろ過
・湧き出した温泉は湯船には入っているけど、その湯船の湯をろ過・殺菌し、また別の湯船や同じ湯船にまた再利用。

 これが「循環ろ過」。
 循環ろ過の何が悪いかというと、殺菌の際の塩素です。循環させる度に、塩素どんどん濃くなって有害です。そして、何か嫌かというと、あのプールの匂いが倍増します。私はこの匂いだけで、具合が悪くなったことが度々あります。

加水
・温泉は湧き出しているが、泉の温度が高すぎるため水を足して温度を下げる、湧き出す湯の量が少なく水を足す。

 これが「加水」です。
 加水は湧き水や水道水など。湧き水だとよいと思うのですが、古平の一望館など、湧き水がないところはやっぱり水道水で加水という事になります。

かけ流し
・湧き出した温泉は加温・加水をしているが、湯船に入れ、そのまま湯船から流れ出るまま。

 これも「かけ流し」に入ると思います。(書く人にもよるので、少し自信ないですが。)

 研究者ではないので、厳密にこうだ!とは言えないのだけど、こんな感じです。

 
 加水・循環については、施設によっては加水したり、殺菌したりするのにも塩素をなるべく使わない方法を取ったりと、色々工夫をしているので、一概に源泉かけ流ししか駄目という訳ではないと思います。(むしろ、毎日湯抜きして湯船の清掃をちゃんとしているかの方が問題あるかも。)

 やっぱり、自分にとってゆっくり楽しめる温泉が一番です。

 ですが、循環・殺菌ある温泉で具合が悪くなったり、何故か温まらないといった時に、ちょっと知っておくと、もっと自分にあった温泉が見つける手助けになると思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kumiki.chips.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/31
Listed below are links to weblogs that reference
かけ流しなどの言葉について from 北海道のいで湯-かけ流し日帰り温泉・露天風呂宿のメモ
【PR】

JTBオススメの宿を、北海道地図で簡単予約。 【JTB】北海道のおすすめ旅館・ホテル
【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

Home > 温泉よもや話 > かけ流しなどの言葉について

検索
【PR】

▼▼モノ・宿 検索用▼▼






Tag Cloud
Links
Counter
Feeds
サツぽろ、ニッキ

Return to page top