Home > Archives > 2007年5月

2007年5月

このページについて

北海道の温泉情報や観光ガイドなど等。メインは、北海道の日帰り温泉の感想ですが、旅館や温泉宿の情報もピックアップして書いています。北海道旅行で参考にどうぞ。

行き先は、自然に囲まれた眺めのいい露天や、鄙びた風情の温泉などが多いです。(はじめてご訪問の方へ

このブログはリンクフリーです。コメントもお気軽に。

BlogPeople Link

糠平温泉 湯元館 足湯

糠平温泉 湯元館
 糠平温泉湯元館の足湯。
 湯元館の建物の左側にあります。

 丸太をきった素朴な感じの椅子が数個置かれていて、一番しっくりくる椅子に座ってのんびりつかりました。足湯の底には石が埋められていて、そこに足をグリグリのせると気持ちよかったです。(右上の写真で見えるでしょうか?)

 子供の遊び道具(砂場セット?)みたいなのも置いてありました。
 近くの子が遊んでいるいるのかも。

 ここも湯元館と同じ源泉かけ流しで、泉質も同じナトリウム塩化物炭酸水素塩泉。

 2005年の5月に行ったときは湯がはってなかったので、冬季はやっていないのかもしれません。

 宿については湯元館の記事をご覧ください。(2006年9月)

 【源泉かけ流し】
 日帰り入浴:無料(夏季のみ)

 左の2つは足湯。そして湯元館外観。外観の看板の奥に足湯があります。
糠平温泉 湯元館糠平温泉 湯元館糠平温泉 湯元館

糠平温泉 湯元館

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ
【PR】


やっぱり行きたい動物園、旭山動物園日帰りバスツアー
日帰りで楽しむ☆北海道トラピックスで日帰り温泉付ツアーを探してみよう

糠平温泉 湯元館

糠平温泉 湯元館
 糠平で一番昔からやっていた温泉との事。
 大正13年4月から開業の温泉で、泉質はナトリウム塩化物炭酸水素塩泉。

 女湯には女性専用露天風呂があります。男性側の露天は混浴。進入して確かめたところ、奥には打たせ湯もありました。(男湯のものなのかな。)昨年あたり、足湯が出来たらしいのだけど、まだ確かめてないのです。ログコーテージにも一回泊まってみたいなー。(2003年)

 女性専用の露天風呂の写真です。右上の川音が聞こえ、よい湯でした。足湯は日陰では雪が残る5月初旬では、まだ湯がなかったです。(2005年5月)

 湯元館には足湯については、別記事にしたのでそちらをご覧ください。

 前はざっとした感想だったので、改めて詳しく書きます。

 ・内湯男女各2つ、女性専用露天風呂、混浴露天風呂があります。
 ・洗い場は2~3つくらい。男性内湯はもっとあるかも。
 ・女性露天風呂は、林の中で小川のせせらぎが聞こえて気持ちいい。
 ・混浴露天風呂は、小川が間近に見えて眺めは更によいです。奥に行くと打たせ湯もあります。

 宿泊について
 土曜以外は素泊まりのみで、夕食は季節により山菜や川魚など料理が食べられるそう。
 上に書いたログコーテージには、貸切の内湯と露天風呂が付いています。こちらは素泊まりのみですが、6人まで泊まれるそうです。

 公式ページをみたら、宿泊とは別にライダーハウス「ライダーハウス湯元館」もあるとのこと。6月~9月の夏季のみ営業で一泊 1.500円(素泊まりのみ)。女性専用部屋もあるから女性ライダーさんにもよいですね。

 昼には日によって、手打ち蕎麦が食べられるみたい。

 私が前に行ったときは、隣にある「どんぐり」というラーメン屋で食事しました。塩ラーメンを食べましたが、季節の物を使った特製ラーメンもあり、さっぱりしてとても美味しかったです。(2006年9月)

 露天風呂眺め度 ■■■■□
 リーズナブル度 ■■■■■
 湯のよさ度 ■■■■■

 【ホームページ
 【源泉かけ流し】【混浴】【露天風呂付客室(コテージ)】
 日帰り入浴:400円 (10:00~20:00)年中無休
 宿泊:素泊まり3,800円、夕朝食付8,000円(土曜以外は素泊まりのみの受付)、ログコテージは人数により上下します。
 ライダーハウス:素泊まりのみ1.500円(6月~9月)

 写真は宿の外観。
糠平温泉 湯元館

糠平温泉 湯元館

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

芽室温泉 ゆもーる川北(川北温泉)

 芽室市街から少し北にある、モール温泉(アルカリ性単純泉)の日帰り入浴施設。
 数年前に新しくなったようです。元々あった「川北温泉」の入浴施設部分を改装しています。

 ジャグジーとか寝湯もあって施設はよくなりました。

・内湯2つ、泡湯、寝湯、ドライサウナ、水風呂、露天風呂があります。
・茶色のモール温泉が気持ちいい。
・露天風呂からの眺めはよいです。
・洗い場は18個くらい?
・週代わりで女湯・男湯が入れ替わるとのこと。日高山脈が見える「やまの湯」と十勝平野が見える「さとの湯」の2種類。

 前はかけ流しだったようですが、今は循環しているとのこと。湯温も若干低いので、加熱しています。施設は新しいので整った印象で、日帰り入浴が安いです。
 食事は併設の「手打ちそば処 縹(はなだ)」があり、噂では美味しいらしい。(食べて来なかったので未チェック。)

 宿泊は「川北温泉ホテル」が隣にあります。(2003年記)

 露天風呂眺め度 ■■■■□
 リーズナブル度 ■■■■■
 湯のよさ度 ■■■□□

 【十勝・芽室観光協会ホームページ内紹介
 【かけ流し】【サウナ有】【食事処有】【休憩室有】
 日帰り入浴:大人390円、小学生140円、幼児70円(7:00~23:00)年中無休
 宿泊: 温泉ホテル川北5,500円~
 住所/北芽室北4線27番地
 電話/宿泊:0155-62-1351、日帰0155-62-2650

ゆもーる川北

続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

岩尾温泉 あったまーる

岩尾温泉
 増毛町にある日帰り温泉施設。
 泉質は単純酸性泉。

・日本海が望める高台にあり、眺めはとてもよいです。
・小さいながら露天もあります。
・洗い場は10~12こくらい?

 施設自体は新しく清潔感があります。2003年に新築したとの事。

 内湯と露天風呂が各1つで、日帰り施設によくある作りです。
 でも、かけ流しではないらしく、泉温が13℃と低いため加熱しています。

 館内は禁煙で、喫煙席が外のテラスになっていました。右上の写真は、休憩ロビーからテラス越しに見る日本海の夕日。

 ドライブ帰りの日が暮れる頃に行って、夕日を見ながら入るのにはよいですね。私達は食事をしませんでしたが、レストランでは増毛産の魚介類を使った料理が食べられるみたいです。

 温泉とは関係ないのですが...

 増毛には日本酒「国稀」の国稀酒造があります。酒蔵見学では試飲でき、こじんまりとしてますが記念撮影用のセットと法被などありました。

 ゴールデンウィークのこの頃は甘エビが旬のようで、国稀酒造の近くの店で、美味しい甘エビ丼を食べてきました。(2007年5月記)

 露天の眺め度 ■■■■□
 リーズナブル度 ■■■■□
 湯のよさ度 ■□□□□

 【ホームページ
 【食事処有】【休憩所有】
 日帰りのみ:大人500円、小学生以下250円(11:00~21:00、土日祝10:00~)月曜休み

 左から施設外観。駐車場から見える日本海。
岩尾温泉岩尾温泉


より大きな地図で 北海道のいで湯マップ を表示

続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

上富良野温泉 フロンティア フラヌイ温泉

フラヌイ温泉
 泉質は茶褐色の炭酸気泡が気持ちいい、ナトリウム-炭酸水素塩泉。
 西乃湯、東乃湯の2つの浴場が日替わりで入れます。右上は宿外観の写真。

・内湯のみ
・加温、循環された湯船の他に、源泉そのままの34℃の湯船があります。
・洗い場は12~3程。

  源泉そのままの湯船は最初はかなりぬるく感じますが、入っていても冷えることなく細かい炭酸の泡が肌について、気持ちいいです。東乃湯にはサイロの中にある小さな湯船もあり、全部で3つの湯船。(2006.10月記)

 上富良野温泉は先日も入ってきましたが、やっぱりよかったです。

 施設自体は古さを感じさせるものの、地元の人などが入りに来ているようで、賑わっています。いつも東乃湯しか入れないのは日曜に行っているからでしょうか。

 ホームページでの記載では、毎晩湯抜き掃除をしているとの事。
 湯は通常の温度の湯船は加温と循環。34℃の湯船は源泉かけ流し。飲用泉もあります。

 書き忘れていましたが、日の出ラベンダー公園が近くにあります。ラベンダーの時期、この公園からの眺めはよいです。

 富良野にも近いですし、ラベンダー観光時で混みあうホテルより何かと便利かもしれません。(2007.5月記)

 リーズナブル度 ■■■■□
 湯のよさ度 ■■■■□

 【ホームページ
 【源泉かけ流し】【サウナ有】【食事処有】【休憩所有】【内湯のみ】
 日帰り入浴:600円(9時~22時)年中無休
 宿泊:4,200円~

下は日の出公園のラベンダー畑。
フラヌイ温泉

フロンティア フラヌイ温泉  楽天トラベルで空室確認
 フロンティア フラヌイ温泉


より大きな地図で 北海道のいで湯マップ を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

カテゴリーについて

 記事はすべて、道央・道南・道北・道東の4つにカテゴリー分けされています。

地図

 元々は、十勝の温泉・それ以外という大まかな区分けでしたが、今度から上の区分に従ってカテゴリ分けしていく予定です。

記事内の地図について
 記事によって、詳しい地図は「ちず窓」もしくは「GoogleMap」で位置を表しています。マップをクリックすると周辺マップや広域マップも閲覧可能です。

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

十勝川温泉 足湯

足湯
 十勝川温泉の足湯に行ってきました。十勝川ネイチャーセンターの裏手にあり、泉質はナトリウム―塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。

 足湯でも美人の湯と言われている植物性モール温泉が気軽に入れます。

 ゴールデンウィークだったので大変な混みようでしたが、足湯に浸かると気持ちよくて長居してしまいました。思ったより小さな足湯でしたが、GW以外はそれほど混んではいないのでしょうか。

 ・普通は8~10人位まで入れて、屋根もある造り。
 ・足湯なのでタオルなど湯を拭うものを持っていくのがよいですね。
 ・側に自販機があるのが、結構便利かも。

 十勝川温泉街について...
 北側に大きな花時計ハナックと展望台がある「十勝が丘公園」があります。ここにはソフトクリームなど売っている小さな売店が。

 池田町側(東)に向かうと、河畔林や湿地があり自然に触れられる大きな公園「道立十勝エコロジーパーク」があります。十勝エコロジーパークはキャンプ場やコテージもあり便利です。(冬期間コテージはお休みになります。)
 平日は子連れのお母さん達もこの公園に来ているようです。

 冬には、すぐぞばに白鳥の飛来地があって間近に白鳥を見ることができます。

 【十勝川十勝川温泉観光協会ホームページ内観光案内ページ
 【自販機有】
 日帰り入浴:無料(9:00 ~ 18:00)タオルなどは持参してください

 左上から順に、混みあいつつも足湯にはいる人達と足湯遠景の画像。

足湯足湯

十勝川温泉 足湯

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ

十勝川温泉 観月苑

 十勝川温泉のモール温泉です。

 うたせ湯や檜風呂、サウナ、露天など一通り揃っています。露天風呂は十勝川に面しているので、川の景色が楽しめ、眺めはとてもよいです。
 宿泊の場合は露天風呂付客室もあるので、予算がある方は泊まってみるといいかもしれません。(2003年記)

 公式ページに湯について書かれていたので追記します。

・大浴槽は加温循環ろ過(消毒剤を一定時間おきに追加)。
 大浴槽以外はすべて水道水の沸かし湯。
・露天風呂は温度調節のため加水し、かけ流し。
・客室露天風呂は、温度調節のため加温、かけ流し。

(2007年5月追記、2009年5月修正)

 露天風呂眺め度 ■■■■□
 リーズナブル度 ■□□□□
 湯のよさ度 ■■□□□

 【ホームページ
 【サウナ有】【食事処有】【かけ流し】【客室露天風呂有】
 日帰り入浴:大人1,000円、子供500円(13:00~21:00)
 宿泊:9,450~

 じゃらんnet空室確認
十勝川温泉 観月苑
 写真提供じゃらんnet

Yahoo! トラベルで空室確認 十勝川温泉 観月苑
楽天トラベルで空室確認 植物性モール温泉「美人の湯」 観月苑

広告:日常から離れた極上の休日
【JTB】露天風呂付客室

十勝川温泉 観月苑

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ人気blogランキングへ
【PR】

JTBオススメの宿を、北海道地図で簡単予約。 【JTB】北海道のおすすめ旅館・ホテル
【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

Index of all entries

Home > Archives > 2007年5月

検索
【PR】

▼▼モノ・宿 検索用▼▼






Tag Cloud
Links
Counter
Feeds
サツぽろ、ニッキ

Return to page top